風鈴作り体験の作品 紹介

ちょっと 暑くなって 風鈴の 音色が ここち良い季節になって来ました 。

    

桜吹雪 をイメージした風鈴と     今の季節 にぴったり紫陽花の花のイメージのグラス 作って頂きました。瀬戸の方でもう  3回も来て頂いている方が お友達を連れて来てくれました。

ちょうど作品を受け取りに 来た方が 桜吹雪風鈴を 見て  私もあんな感じの風鈴が作りたーい  っと言われ ちょうど体験に方がいなかったので    すぐに 風鈴作りスタートしました。

色ガラスを 巻き取り 空気をふきこみまーす。

大きくなったら 底をバーナーの火で アツアツにします。

アツアツになったら ポンっと吹き 穴を開けます。

そして  穴を開けて風鈴の 口を開けまーす。

風鈴   本体完成です。次は   りんりん 音が 出るための リングを作ります。

トロトロのガラスを 引っ張り  ピンセットで  くるっと 輪っか を 作ります。

輪っかが 出来たら  切り離すラインを付けて落とします。

切り落としました。赤いガラスのはずですが まだ 500度以上なので こんな色ですが  冷めたら ちゃんと 赤い色になります。

次の日

ちゃんと赤くなってまーす。。風鈴のパーツは 完成しました。

後日  また工房に来て頂き いっしょに 組み立てまーす。

もし 遠くの方の場合 作り方説明書と 必要なパーツをセットにしてお送りするか       もしくは 私が組み立てて送る方法もあります。

ぜひ 本格的に暑くなる前に  風鈴作り体験に来てみてくださーい。

手作り風鈴ですから  一つ一つ 音色が  違って 完成が たのしみですよ。